医学部を目指すなら、医学部専門の進学予備校へ行こう!

記事一覧

たくさんの古文

「医学部を目指すなら、医学部専門の進学予備校へ行こう!」の記事一覧です。

続きを見る…

予備校選びが大事

授業風景

医学部進学のための勉強を教えてくれる予備校はたくさんあります。その中から自分に合うものをチョイスすることが大事です。たとえば、評判のいい講師のいる予備校へ行くことでもかなり効果が高まります。

続きを見る…

試験対策ができる

分かりやすい講師

予備校へ通うことで得られるメリットはたくさんあります。その中でも最も効果的なのは試験対策を見据えた授業ではないでしょうか。医学部に特化した予備校などでは大量のデータから試験対策をバッチリしてくれます。

続きを見る…

自分にあったものをチョイス

考え中

進学のための勉強方法はさまざまですが、やはり有効なのは予備校へ通うことです。予備校には専属の講師がいるので、進みたいコースに合格するための授業をすることができます。

続きを見る…

難関校を狙うなら

合格を目指す

医学部を目指している人が予備校に通う場合、選択肢は大きく分けると二つです。一つは大手予備校による医学部進学クラス、そしてもう一つは医学部専門の予備校です。前者と後者では同じ目標に向かって授業が勧められていくものの、いくらかの違いがあります。まず前者の場合、授業料は比較的安めです。またクラスに集う人数は多く、そこの集まる人たちの学力は比較的高いのが一般的です。つまりここにはもともと学力があるものの、それを伸ばすための勉強を行う人たちが集まるのです。実際に前者の出身者の多くは国立大学に合格しています。
そして後者ですが、授業料は前者に比べると高めになります。その理由は一クラスの人数が少なく、より講師と生徒との距離が近いことにあります。つまり講師は生徒一人一人に目を配り、それぞれの学力に応じて授業を進めてくれるのです。実際のところ後者をチョイスする生徒一人一人の学力にはばらつきがみられることが多く、このような授業がベストであるとされています。また大学合格者の多くは私立大学をチョイスしています。
これらのことを踏まえ、医学部進学のためにはどのような予備校をチョイスするかを決定しなければなりません。比較的自信があり、後は詰めのみと考えておられる人は前者でも構いませんが、ここで徹底的に教え込まれたいと考えておられる人や、自分の能力に合った仕方で授業を受けたいと考えておられる人は、後者をチョイスするべきです。